レーシック(LASIK)・白内障日帰り手術の田内眼科 レーシック(LASIK) 近視矯正手術 〜 レーシック手術手順
 

レーシック手術手順


■物が見えるしくみ
■近視のしくみ
■角膜について
■近視矯正手術について
■レーシック手術手順
■レーシックQ&A
■レーシック詳細
■レーシック体験談
■レーシック手術費用
■レーシック説明会

白内障(CATARACT)手術
医師紹介(DOCTORS)
当院へのアクセス

田内コンタクトレンズ




最初に点眼薬による麻酔を行います。これにより、手術中に痛みを感じることはありません。
 
角膜上に特殊なインクでマーキングを行います。これはフラップを元に戻すときの位置を正確に合わすために行います。
マイクロケラトームにより角膜の表面を薄く削り、フラップを作製します。
フラップを、めくります。
エキシマレーザーを照射し角膜実質を削ります。
照射量はコンピューターにより各個人に合わせたデータに基づき正確に制御され照射されます。
フラップをマーキングに合わせ元の位置に正確に戻します。
フラップは自然に接着します。

 

   
田内眼科 〒780-0056 高知市北本町4-3-12 TEL:088-882-3332 FAX:088-882-3757
© Copyright 2001 田内眼科 TANOUCHI EYE CLINIC.
インターネットエクスプローラ5.0 or
ネットスケープナビゲーター4.5以降でご覧ください。