レーシック(LASIK)・白内障日帰り手術の田内眼科 レーシック(LASIK) 近視矯正手術 〜 近視のしくみ
 


近視のしくみ



■物が見えるしくみ
■近視のしくみ
■角膜について
■近視矯正手術について
■レーシック手術手順
■レーシックQ&A
■レーシック詳細
■レーシック体験談
■レーシック手術費用
■レーシック説明会

白内障(CATARACT)手術
医師紹介(DOCTORS)
当院へのアクセス

田内コンタクトレンズ



 近視はもっとも多い屈折異常であり、日本人の約1/3が近視と言われています。近視の人は近くの物ははっきり見えますが、遠くの物はぼんやりとしか見ることができません。なぜなら、近視の人は光線が眼に入る時、網膜上ではなく前方に焦点が合ってしまうからです。近視は通常、幼年期から起こって1O代後半や青年期に進行は止まりますが、最近はパソコンなどの普及により成人以降も近視が進むことがあることが報告されています。近視は普通、メガネやコンタクトレンズで矯正しますが、手術で矯正することもできます。


正視の目:
  ちょうど網膜のところでピントが合います。



近視の目:
  網膜でピントを結ばず手前にずれています。

NIDEK「近視矯正手術のご案内」より

 

   
田内眼科 〒780-0056 高知市北本町4-3-12 TEL:088-882-3332 FAX:088-882-3757
© Copyright 2001 田内眼科 TANOUCHI EYE CLINIC.
インターネットエクスプローラ5.0 or
ネットスケープナビゲーター4.5以降でご覧ください。