レーシック(LASIK)・白内障日帰り手術の田内眼科 レーシック(LASIK) 近視矯正手術 〜 物が見えるしくみ
 

物が見えるしくみ


■物が見えるしくみ
■近視のしくみ
■角膜について
■近視矯正手術について
■レーシック手術手順
■レーシックQ&A
■レーシック詳細
■レーシック体験談
■レーシック手術費用
■レーシック説明会

白内障(CATARACT)手術
医師紹介(DOCTORS)
当院へのアクセス

田内コンタクトレンズ




目に入ってきた光は角膜、水晶体で屈折し眼球の奥にある網膜上に焦点を結びます。
全体の屈折割合の内、角膜で約3分の2、水晶体で約3分の1を屈折します。

 遠くを見たり近くを見たりする場合、当然焦点を合わせなければなりません。
私たちの目でその役割を行っているのが、水晶体です。
 水晶体は、遠くを見るときには薄くなり、近くを見るときには厚くなり網膜上に焦点を合わせます。
しかし、本来網膜上に焦点を結ぶべき光が、前後にずれて焦点を結ぶ場合があります。この状態を「屈折異常」と呼び、「近視」・「遠視」・「乱視」の3種類に分けられます。

 

   
田内眼科 〒780-0056 高知市北本町4-3-12 TEL:088-882-3332 FAX:088-882-3757
Copyright(C) 2001 田内眼科 TANOUCHI EYE CLINIC.
インターネットエクスプローラ5.0 or
ネットスケープナビゲーター4.5以降でご覧ください。